GIMP*毘沙門亀甲の描き方

シェアする

毘沙門亀甲の描き方:毘沙門亀甲のイラスト

今回は毘沙門亀甲の模様を描いてみました!

正六角形の亀甲模様を三つ山形にくっつけた模様が特徴の和柄です。

毘沙門天の甲冑にこの模様が使われたことから毘沙門亀甲と呼ばれるようになったそうです。

以前描いた亀甲模様のパターンを元にして描きます。

毘沙門亀甲のパターンをつくる

1. 亀甲模様のパターンを用意する

まず亀甲模様のパターンを用意します。

亀甲模様の描き方はこちらを参考に!

今回は亀甲模様を描きました! その名の通り亀の甲羅のような六角形の形が特徴の和柄です。 長寿である亀を連想させる...

[[表示]から[ガイドの表示]、[ガイドにスナップ]、[キャンバスの境界にスナップ]するようにして、キャンバスの中心にガイドを表示すると作業しやすいとおもいます。

ガイドを表示する方法はこちらを参考に。

図のようにポイントになる場所にガイドを表示します。

亀甲模様のパターン

2.  キャンバスサイズの幅を3倍にする

[画像]-[キャンバスサイズの変更]からキャンバスの幅を3倍にします。

亀甲模様のパターンを複製し図のように横に並べます。

並べたら1と同じようにガイドを表示します。

亀甲模様

3. パスで毘沙門亀甲の模様を作る

図の赤線の部分が毘沙門亀甲の模様になります。赤線に沿って[パス]を使い形を作ります。

[パス]は枝分かれできないので、[可視のパスを統合]を使ってつなげていきます。

毘沙門亀甲の部分を赤線

[パス]で毘沙門亀甲の形を作ったら、[編集]から[パスの境界を描画]します。[線の幅]を偶数にするのがポイントです。

毘沙門亀甲のパターン

この毘沙門亀甲のパターンをGIMPパターンに追加して完成です!

毘沙門亀甲のパターンで塗りつぶすとこんな感じになりました〜!

毘沙門亀甲のイラスト

GIMPパターンに追加する方法はこちらを参考に!

GIMPパターンに自分で作ったオリジナルのパターンや配布されているパターンを追加する方法です。 GIMPにパターンを追加す...

トップのイラストはこのパターンを使って描いています。

内側に模様を描いたり線の太さを変えてアレンジしてみました!

毘沙門亀甲のパターン

まとめ

今回は亀甲模様の応用、毘沙門亀甲の模様を描きました!

以前作った亀甲模様のパターンを利用するので簡単にできました!

……がこの方法には欠点が。

トップのイラストを見るとわかるように、今まで描いたパターンと比べるとパターンが大きめ。

亀甲模様そのまま三つ組み合わさってるのでそりゃ大きくなりますよね。。。

毘沙門亀甲の大きさをあらかじめ決めてから、小さめの亀甲模様を作るのがいいですね。

シェアする