【2018冬アニメ】今期視聴したアニメの感想&記録【完走編】

シェアする

宇宙よりも遠い場所 最終回
出典:「宇宙よりも遠い場所 」公式サイト

超今更すぎてあれですが…2018年冬アニメの感想です(汗)

すべての作品は観ていないし、物理的にも観れないのですが、今期は個人的に不作でした。

最後まで観てほんとよかったと思える作品もあるのですが…

今期はぱっとみ好みのアニメがなかったこと、

年々弱くなってる気がしますが今期は特にパンチが弱かったこと、

などの要因がありますが一番は…

管理人の加齢…

身体的な老化は、よく食べてた一平ちゃんのカップ焼きそばを夜食に食べると翌日もたれるようになったり、じわじわきていたのですが…

ここ数年…

精神的老化がヤバい…

アニメ見るのきつくなってきたorz

というかアニメに限らず、きれいな花や景色を見ても以前のように心が動かなくなってきた…

この年齢でこれって…この先どうすんのよ。。。

注意:ネタバレありです!あくまで私の個人的な感想や考察です。

視聴した2018冬アニメ作品一覧

第1話を視聴した2018冬アニメは以下の9作品です!

第1話の時点で面白かった順番に並べてみました。

  • ダーリン・イン・ザ・フランキス
  • 宇宙より遠い場所
  • ゆるキャン△
  • BEATLESS
  • 続『刀剣乱舞-花丸-』
  • 魔法使いの嫁(2クール目)
  • 七つの大罪 戒めの復活
  • ラーメン大好き小泉さん
  • ハクメイとミコチ

『ラーメン大好き小泉さん』『ハクメイとミコチ』は第1話だけ試しに見てみました。

宇宙よりも遠い場所(全13話)

人生のあるあるを乗り越えて…はみ出し者の4人のJKが南極を目指す!

やっぱりオリジナルアニメなのもあってすごく楽しめました!

結月ちゃんは職業的にって感じでちょっと違うのですが、”普通”にはなりきれない、ちょっとはみ出し者の4人の女子高生が南極を目指すお話。

特に、人生のあるある、特に若い頃のあるあるなんかが詰まっていて面白かった。

まずは、めぐっちゃん…。

これは本当に学生時代のあるあるだと思います。

直接手出ししなくても、いつの間にか友達を密かに見下して優越感に浸ってしまったりすることありますよね。

でも、こういうのって不思議と必ず報いを受けてしまうんですよね。

めぐっちゃんもキマリに置いていかれるという手痛いしっぺ返しをくらってしまいましたが、最終回の最後ほんとよかった!

めぐっちゃんのやったことは決して褒められることじゃないけど、過ちを起こさない人はいない訳で。

過ちを犯してしまったからと言って、そこで立ち止まって腐るんじゃなくて、一歩前に進めるめぐっちゃんは強い子ですよ。

最終回の最後を観て、なんだかんだ言ってキマリの物語だったんだなぁと感じました。

意外とあるあるなのかな〜と思ったのは日向。

人に気を使われるのが苦手だったり、本心に踏み込まれるのを嫌がったり、個人的にいろいろ共感できました。

意外と繊細なところがある日向を不器用なしらせが追うのがよかった!

しらひな…いいじゃないか!

あと、やっぱり終盤のしらせ!

お母さんが南極で消息不明(死亡)という重い事実を忘れるくらいコミカルに進んでいくのですが、終盤しらせには涙しました。

ある日、出口の見えない人生のトンネルに入り込んでしまった絶望感とか上手く描かれてるなぁと感じました。

基本コミカルで面白いんですが、ぽろぽろ泣ける回も多く、最終回まで見終わったとき心が浄化されること間違い無し!

毎回、視聴後の余韻がとにかく良くて、エンディングが飛ばせなかった。

ED『ここから、ここから 』の出だしの「長いトンネルの出口を探していた〜」とか毎回グッと来ました。

演出や挿入歌など雰囲気で泣かせにくる部分もありますが、個人的に演出で泣かされたい派なのですごくよかった。

あと、大人達が普通の大人ではなく一種の変人というかで青春してるのがよかった。

誰かが決めた”普通”や”大人”の型にはまるより、自分自身でありたいと思える作品でした。

『よりもい』とはジャンルは違いますが、奥にあるテーマが大好きなアニメ『放課後のプレアデス』に似たものがあって好きです。

ダーリン・イン・ザ・フランキス(12話まで)

薔薇と百合が入り乱れるまさかの展開に…!!

ディストピア感が見え隠れしつつ、なんとか叫竜との戦いに勝ちながら生き残ってきた第13部隊のコドモたち。

話は割と淡々に進んでいくんですが、特に10話と11話が面白かった!

まず、10話。

大人たちはひょっとしたらクリーチャーになってたりとか思いましたが、普通の人間のようでした…

が、超個人主義というかとことん個人の幸福を追求する社会になっていて、リアル現代と思考原理がかなり異なっていました。

ゾロメが大人が住む都市で出会った老女は彼と何か関係がありそうで、卵子提供者とか、はたまた実験的に「コドモ」の代理出産に協力したとかでしょうか。

ゾロメに対して旧時代的な愛情のようなものも見せる老女でしたが、やはり思想原理が根本的に違うので

「友達になってくれますか?」

のゾロメの問いに微笑みながら「無理」と答えていしたが、やっぱ…

「だってあなたは、大人になれないじゃない」
「だってあなたは、人間じゃないじゃない」

とかかなりエグイこと言ってそうで怖いぃ!

あと、不老不死か不明ですが、高度な技術でかなり長寿になっているようなので、ひょっとしたら資源の限られる都市の人口増加を抑えるために個人では子供が産めないのかなぁ。

パートナーマッチングも『恋と嘘』とは逆に、人口抑制のために仕組まれてそうでディストピア感を感じます。

で、問題の11話!

まさかミツルがヒロを好きで、イクノがイチゴを好きとか!

ミツルのヒロへの対抗心は愛情が憎悪に変わったあれとか…マジかぁ。

あと、ココロちゃんミツルが好きだったとは…なんか逆かと思ってた!

この二人の絡みはちょこちょこ出てたので、なんだかんだ言ってこのペアはうまくいきそう。

ただ…ココロちゃんが地上の廃墟の街で拾った母子手帳?「はじめての出産」の冊子がヤバい…

これ絶対フラグだぁ……

誰がって…やっぱりココロとミツルですかね。。。

あと、ミツルは自ら殴られに行ったり覚悟決めたり急激にイケメン化しましたが…

フトシが痩せて超絶イケメン化くらいしてもらわないと…

イクノが報われないよぉぉぉお(泣)

あとは、あの下品なコックピットですが…やっぱり慣れない(笑)

ただ、メタ的にあのコックピットの必要性を感じました。

『ダリフラ』は面白いですが、あのコックピットがなかったらあまり話題にならなかったんじゃないかとなぁと思いました。

ゆるキャン△(全12話)

キャンプ好きの女子高生の日常!

みんなでわいわいキャンプするのかと思えば、意外なことにソロキャンとみんなキャンプの両方が楽しめる作品でした。

特に、リンちゃんのソロキャンがなかなか凄かったですね〜!

私は登山する関係で夜の山の雰囲気は知っているのですが…

女子高生が閑散期のキャンプ場で夜一人でテント張ってキャンプとか…

メンタルが強すぎる!

しかも、読んでる本のタイトルが何気にオカルトで…

あんなの読んだら絶対眠れないッ!物音するたび発狂するッ!!

アニメではUFOみたいのが飛んでましたが、

実際、夜の山で何か出たとか(動物は見ましたが)、特にないんですが…

一度だけ、星の写真を撮影している時に…

変な動きをする人工衛星…

を見たことがあります。。。

なんだったんでしょうかね…あれ。。。

あと、個人的にやっぱキャンプのごはん、ハウツー、道具なんかが楽しかった!

ただ、面白かったのですが、やはりキャンプ好きの女子高生の日常といった感じなので、日常アニメがそこまで好きなジャンルではないので少し物足りなく感じました。

七つの大罪 戒めの復活(12話まで)

ジェリコぉーーーーッ!!つらすぎんだろぉーーーー!!

『七つの大罪』は今期も面白いんですが、個人的に主人公のメリオダスとヒロインのエリザベスよりジェリコが気になってしょうがない!!

一見、前期よりジェリコは酷い目にあってないように見えますが…

大好きなバンが最愛のエレインのために身を削る姿をそばで見るとか…つらすぎるッ!!

脈はないと頭でわかっていても、もしかしたら自分にもまだチャンスがあるんじゃないかって思ってしまう乙女心…

言動が雑で男っぽいジェリコですが、心はめちゃめちゃ乙女なんですよ!

しかも、12話なんか唐突に目の前で濃厚キッスを見せつけられて…

こんなの拷問だよぉぉぉおおおお(血涙)

自分だったら号泣しながら猛ダッシュで逃げてるっ(涙)

『七つの大罪』はカップリングがガッチガチに決まってるので、ジェリコにしろ、ザネリちゃんにしろつらいところです。

あと、個人的にバンとジバゴの話がよかった!

本当こういう話弱くなりました(涙)

肝心な内容は、めっちゃ強い魔人族の「十戒」が現れましたが、メリオダスたち「七つの大罪」もパワーアップしてるのでその辺どうにかなりそうな感があります。

あと!どこかに行ってしまた記憶喪失のディアンヌがその後どうなったのか気になります!

続『刀剣乱舞-花丸-』(全12話)

回によってクオリティーの落差がとにかく激しかった……

めちゃくちゃ楽しみにしていた『刀剣乱舞-花丸-』の続編ですが…

良い回は本当に良いのですが…酷い回もあって…全体的に見ると微妙でした。

個人的に凄く好きな回は…

お小夜の花壇回(6話)
博多祇園山笠回(7話)
いきなり黄金伝説…遭難回(10話)

この回は個人的に好きで観直すほどだったんですが、その他は結構微妙な回が多かった。

特に…

骨喰、鯰尾、一期の時間遡行回(2話)
不動行光と長谷部、日本号と長谷部の回想関連(4話)

内容をもう少し丁寧に作って欲しかった。。。

あと、5話の虎徹ミュージカルは…長過ぎた…

個人的に1期のうどんミュは好きなのですが、あれはあの長さだったからよかったように感じます。。。

あと、まさかの大和守安定が1年も本丸に帰ってこないとか…(汗)

前期ラストはなかったことにしたかと思いきや、まさかつなげてくるとは…強引すぎて笑った!

さすがに、1年も帰ってこないのはおかしいって!

作画はキャラが多いのでしょうがない部分もあるし、個人的にそこまで気にしないので許容できましたが、肝心な脚本はもっと丁寧に作って欲しかった。

原作はブラウザゲームということもあり、内容の薄さが気になりますが、アニメ(花丸、活撃)、ミュージカル、舞台があり、それらを総括して一つの作品になっているのかなぁと思います。

が、花丸2期…もう少しがんばって欲しかった。

声優さんの使い方がとにかく豪華なアニメので、残念でした。。。

途中まで視聴したけど完走できなかったアニメ…

今期、久しぶりに完走できなかったアニメが…

魔法使いの嫁(全25話)

18話まで視聴して脱落しました。

エリアスが面倒臭すぎた…

エリアスが面倒な理由は、劇中できちんと説明されているし、理解できるのですが…

初見でエリアスがチセを引っ張っていく感じの話を期待してしまたのもあって、耐えられなくなってしまいました。

あと、少女漫画特有というか少女漫画によくある、あのどろっとして妙にリアルさがある暗さがもう無理になってしまいました。

思春期とか学生時代とか若い頃は、厨二病を拗らせてたり、何かが麻痺してたりして、こういうものに耐性があったんですが、ここにも加齢の影響が。。。

逆にチセがエリアスを引っ張っていく展開も面白いだろうし、最後にカタルシスがあることは予想できますが…脱落しました。

BEATLESS

5話まで視聴して6話の総集編で脱落しました。

やってることは大人並みだけど、なぜか子供っぽく感じてしまう…

AI、SFもので楽しみにしていたのですが、主人公周辺以外無能に描かれているのがなんか駄目でした。

早々に切ってしまったので、なんとも言えませんが…

あんなに派手にドンパチやってるのに、逃げ出したAIが捕まらないとか…

AIが優秀すぎで痕跡を完全隠蔽して追跡できないとか、実は追跡できているけど泳がせているとか、あったのかもしれません。

が、あの「抗体ネットワーク」メンバーの行動とかバイアスの表現だと思うんですが、主人公の友人以外にあの状況に疑問を持たないとか

主人公周辺の人物以外あまりに無能に描かれているのが微妙でした。

なぜそのように描かれていたのか理由が明らかになる展開があるかもしれないし、面白くなる前に切ってしまった感もありますが…ついて行けそうになかった。

まとめ

管理人が完走した2018春アニメは全部で5作品でした!

面白かった順に並べるとこんな感じ。

  • 宇宙より遠い場所
  • ダーリン・イン・ザ・フランキス
  • ゆるキャン△
  • 七つの大罪 戒めの復活
  • 続『刀剣乱舞-花丸-』

……完走できなかったのは2作品。。。

今期もdアニメストアとAmazon プライム・ビデオで視聴しました。

管理人の加齢という要因もありますが、今期は個人的に不作でした。

正直、年々アニメのクオリティが低くなってきているなぁと感じます。

ただ、アニメ業界が超絶ブラックとのことで……とても責められない。

自分は円盤もグッツも買わないライト層なので、売り上げに全く貢献できないのですが、アニメーターと視聴者両方がwin-winになる仕組みができたらいいのになぁと思います。

あと、今期のアニソンはダウンロードしませんでした。

その代わり流行に疎いの私は今更、米津玄師にハマって数曲ダウンロードして聴いてました。

毎シーズン新しい作品が楽しめるアニメ鑑賞は、飽きっぽい私には丁度いい趣味だったんですが…

趣味が苦痛になりつつあるので、2018春アニメは初心に返って本当に観たいと思うアニメだけ視聴してみようと思います。

とりあえず『フルメタル・パニック! Invisible Victory』を観ているのですが…

めちゃくちゃ面白い!!

前作を観ているか、原作を読んでいるか、前提がありますがおすすめです!

シェアする