『正解するカド』第5話 感想&考察:人類史上最大の革命が起きた瞬間!総理がやってくれた!

正解するカド 第5話

©TOEI ANIMATION,KINOSHITA GROUP,TOEI

『正解するカド』第5話「ナノカ」の感想です!

犬束総理が凄い…もうなんていうか感動しましたッ!!

「状況を打開する方策」と「総理の決断」がほんと凄かった!

人類全員がそれぞれ選択を手にいれた日がやってきました。

注意:ネタバレありです!あくまで私の個人的な感想や考察です。

オン・ユア・マーク

夢のエネルギー「ワム」を手にいれた日本でしたが

国連はそれを許さず全てのワムを即時提出を日本に要求します。

歌丸「早い。異例ですよ」

そうぱっつぁんじゃなかったNNKの報道スタッフが言うように、かなり異常な状況のようですね。

ワムは兵器にも転用できそうな気もしますが(兵器利用禁止のロック機構とかひょっとしたらある?)

やはり利権を独占するヒエラルキー上位にとってフリーエネルギーが人々の手にもたらされることは相当不都合のようです。

自衛隊の阿方さんが双眼鏡でヤハクィザシュニナを観察してましたが、ヤハクィザシュニナは阿方さんの方をちらっと見ているんですよね…

これひょっとしたら阿方さんが言ってたこと聞こえていたんでしょうか。

それにしても、なぜ人類みんなで分け合おうとしないんですかね。

オカルト的な話だと人類を愚鈍な奴隷のままにしておきたい理由なんかもちゃんとあるんですよね。。。

【気になるポイント】

2017年7月30日

画美「On your mark!」
→人類が進化のスタートラインに立ったことの伏線?
→すぐ転んでたけど…

品輪博士とヤハクィザシュニナ

陸上自衛隊 三宿駐屯地内にある防衛省技術防衛本部 電子装備研究所実験棟

電波暗室に連行された品輪博士はそこでヤハクィザシュニナと邂逅するのですが…

出会っていきなりパイタッチ!?

えっとーこれは異方式の初めましてのご挨拶??

「これでワムの真理を教えるのかな?」と4話の次回予告で予想したのですが…

あんまりそんな感じでもなく…これって…もしかして…ただの…

セクハラなんじゃ……

なにやってんのヤハクィさん!

御「天才には違いないが危ういやつでな。純粋なポテンシャルの塊のような…ああ、そうだ、子供だよ」

これきっとヤハクィザシュニナが品輪博士を「適格者」として選んだポイントですよね。

この辺、潜在意識と顕在意識が関係しているんじゃないかと思います。

ヤハクィザシュニナはどうやって品輪博士を見出したのでしょうか?

真道さんの記憶から?それともやはりカド外部の人間の心も読んでるとか?

余談ですが、以前一般公開されている電波暗室を見学したことがあります。電波だけでなく外部の音も遮断するのですごく静かでした。

自分の声も壁や床に吸収されてしまい響かず不思議な感じでした。

静かすぎて逆に耳がおかしくなった思い出。あの中にずっといたらたぶん発狂する!

【気になるポイント】

御船先生
→ノーベル賞受賞者

ワム
→大きさが1種類じゃない

徭さん vs ヤハクィザシュニナ

徭「もし政府が舵を切り間違えれば、日本は世界と衝突することになります。あなたがもたらしたワムによって」

確かにワムはきっかけを作ったかもしれませんが、それって本当にワムの所為でしょうか。

ヤ「ワムは人類にもたらされるべきである。一刻も早く全体に広まるべきだ。なぜならそれが正解だから」

ヤハクィザシュニナは、やはり今までに他種族か人類かは不明ですが、このようなことを他にもしてきたような感じもしましたね。

今までにやり方を誤ったから、この形がベストだという確信があるのかもしれません。

前回考察した、人類が幸せになると信じて火を与えたプロメテウスのようにますます思えてきました。

急いでいるようですが何か理由が?

徭さんはちょっと頑なな感じでしたね。交渉官としてというか私情が入っている感じもしましたが、彼女の過去に一体なにが。

【気になるポイント】

スーパーで食料品を買い占める人々

首相官邸前でワム反対デモをする人々

 犬束総理とヤハクィザシュニナ

迫る経済制裁…そして横須賀から出航する空母打撃軍(国連軍のかな?)…

あかん…これはあかん…

羽「いきなりミサイルを撃ち込んでくるバカはおらん。単なる圧力だ」

そうだけど…国連ではないけどこの辺リアル的になんとも言えない状況で…うん。。。

ヤハクィザシュニナから犬束総理へ、品輪博士と真道さんが取り掛かっている「作業」についての説明があるのですが、人間は電波を感じ取れるのでしょうか。

この辺のSF的とかオカルト的な元ネタがひょっとしたらあるのかな。

そして、ヤハクィザシュニナと犬束総理の対談ですよ!!

犬「我々は創造できるはずだ。それぞれの国家の利害を越えて人類全体が幸福となる方法を」

犬「人類の幸福。それは私たち人類が考えるべきことです。それも全員が全員で考えることだ」

凄いよ犬束総理ッ!!

もうね、ちょっと涙が滲みましたよ!

さすがヤハクィザシュニナがユノクルが安定していると言った国の首相です!!

現在の経済…というか形は変われど今も「奪い合い」を続ける社会にNOを突きつける総理がかっこよすぎるッ!

ヤ「方策を提示する」

と一体なにを見せたのでしょうか。

モニターで見ていた徭さん達もあんぐり驚いていましたが。

あと、交渉官として真道さんと徭さんの差が浮き彫りになってしまいました。

真道さんは交渉していたけど、徭さんは私情が入っていたのか一方的な物事の見方しかできていませんでした。

交渉官として上手く立ち回れなかったことに気付いたようですが今後どうなるのでしょう。

【気になるポイント】

ワムとにらめっこする品輪博士
御「あいつが全力だとしたら、彼は…」
→品輪博士をサポートする真道さん
→真道さんはすでにワムの真理を知っている?

スピノーダル分解

ワム?というかカド?の光が雨のように降り注ぐ

人類史上最大の革命が起きた瞬間!

犬束総理の緊急記者会見凄かった!

「なお本日の会見は内容の重要性を考慮いたしまして、録画・録音・インターネット等へのアップロードに関する制限を設けません」

やはりディスクロージャー(情報開示)はリアルタイムで世界同時に行われましたね。

一度に人類全員に伝えないと支配階級によって情報を秘匿されたり歪曲されたりしてしまう恐れがありそうです。

「どうせ国連に提出しちゃうんでしょ」という日本人の諦め

「どうせ日本は世界には逆らえないでしょ」という国連の楽観

国連決議に従ったと見せかけてーの

まさかの爆弾情報の投下!!

予想を裏切る展開…実に爽快です!!

品「ワムはみなさんもご存知の通り異方のエネルギーの窓口なんですね。で、どうやってエネルギーを取り出してるかというと『形状』なんですよ」

このドヤ顔がたまらない!!

そして…

品「形が重要で材質とかはあんま関係なくて」

品「えいっ」

!!?

品輪博士がワムを錬成しおったッ!!

アルフォンスじゃなくて錬金術師じゃなくても一般庶民でも作れてしまうって

品輪博士が優秀すぎるッ!!

そして、このライブ映像を見る国連の面々の表情がなんとも邪悪でしたね(笑)

世界の秩序や安全が脅かされることを危惧している…というよりは

支配階級の「利権」が脅かされること「奴隷」がいなくなってしまうこと

それらに対する憤りや焦り不安がにじみ出ていましたね〜。

「犬束構造」人類に革命を起こした人物として、歴史に名を刻んだ瞬間でしたね!

「王様と犬」はこの伏線?

そして次回予告…

ホモダチ!?(難聴)じゃなくて友達…真道さんと友達になる?

あと、怪しい姿の真道さん(笑)スピンオフの高校生の家にいくとか??

羽田空港を占拠しているカドの引越しもありそうで、どこに移動するのか楽しみ!

【気になるポイント】

現在の全ワム数
→196対

品輪博士のシャツの柄
→UFO!!
→ディスクロージャー?

『正解するカド』考察

適格者

品輪博士が「適格者」として選ばれましたが、この辺「潜在意識(無意識)」「顕在意識(表層意識)」が関係しているんじゃないかと思います。

ちょっと上手くは説明できないのですが、

頭であれこれ考えたこと(顕在意識)より直感的に心の奥で思ったこと(潜在意識)の方が意外と正しかった、なんてことないですか。

御船先生が品輪博士のことを「子供」と評していたように、どこかの誰かが作った「一般常識」というある種の「洗脳」に汚染されていな純粋な「潜在意識」だからワムの真理に気付くことができたんじゃないかと思います。

オカルト的に人類の進化に潜在意識が関係しているようですが、ちょっと管理人はこの辺の話はよく知りません。

御船先生が言っていた「純粋なポテンシャルの塊」、あらゆる可能性を秘めた存在であるこが重要な感じがするのですが。

ちなみに、潜在意識や顕在意識の話はオカルトでは「引き寄せの法則」でよく出てきます。

引き寄せの法則とは「(潜在意識で)思ったことが現実化する」

という夢のような法則なのですが、これがなかなか難しいと言われる所以が「潜在意識」にあります。

子供の頃、人は自分の心からの願望の潜在意識で生きているのですが

成長する過程で親や学校や社会から「◯◯すべき」「◯◯してはいけない」「◯◯であるべき」という「教育」、極端な言い方をすれば「洗脳」を受けます。

そういった強い刷り込みが引き寄せの法則を邪魔しているなんて言われています。

電波暗室

ヤ「作業場所に電波暗室を選択したのは多大な集中を必要とする工程だからだ。精神活動を乱すものを可能な限り排除したかった」

とヤハクィザシュニナが言っていましたが、何かしらの電波によって人間の精神活動が阻害されているようですね。

この辺も何か元ネタがありそうな感じもしますがなんでしょう?

この「精神活動」とは「潜在意識」のことを言ってるような感じもしますが。

何からでもフリーエネルギーが取り出せる?

品輪博士は紙でもしゃもしゃ折り紙してワムを形作っていましたが、「素材じゃなく形が重要」も元ネタがあるのでしょうか?

ストーリー的にワム全ての提出しなくてはならず、それを覆すためであって、SF的な元ネタはないのでしょうか?

すごく面白いのでもしあるのなら知りたいですね〜!

フリーエネルギーを手にいれた人類社会

ワムが人々の手に渡ったら世界はどうなるのでしょう。

電力会社が率先してしなくても、手先が器用な人だったら、ワムで「家」や「自動車」の電力を賄うようになるでしょう。

さらに自分で「植物工場」を作り一年中安定して野菜を栽培するかもしれませんね。

国際宇宙ステーションでも水耕栽培で野菜を作っていますよね。

食料が十分手に入るようになったら、他の人と食品や生活雑貨などと物々交換できるようになるかもしれません。

人間は肉体を生かすために「衣食住」を必要とし、それと交換できるお金のために多くの時間を労働に費やしてきました。

人は長い間、「富」という名の限りある「パン」をいかに多く他者から奪えるかを基準に生活してきましたが、もし、もう奪い合う必要がなくなったら

「労働」「通貨経済」「生き方」など人類の生活様式が根本的に変わるかもしれません。

やはり奪い合い、傷つけ合う世界は、人類を進歩から遠ざけているということでしょうか。

これからは、労働に費やしてきた時間を分け合うこと、共感、共有など精神的な進化のための活動に使うようになるのでしょうか。

冬アニメ『けものフレンズ』の考察もしたのですが、こちらの作品も「進化」がテーマの一つなんじゃないかなぁと思います。

作品中にモノリスのような形のものも出ています。

フレンズ達は動物がフレンズ化しているので「衣」「住」は必要ない体ですが

「食」はワムのようなフリーエネルギーではありませんが「ジャパリまん」があるので、弱肉強食の争いのない平和な世界になっています。

フレンズ達は動物ベースなので知能はさほど高くなく、「進化?」と思うかもしれませんが

「助け合い」「分け合い」生きているので、現代の人間よりずっと精神的、霊的に進化した存在だと言えると思います。

今後の世界

ワムの拡散を阻止できなかった国連ですが、日本に報復措置は行うのでしょうか?

これから世界が混乱することになり、それどころじゃないような気もしますし

ワムが人の手に渡ってしまった今では、報復にさほど意味がないような気もします。

全ての国家が無限のエネルギーを手に入れましたが、「この力で戦争を始めよう」という国は果たして現れるでしょうか?

そもそも、戦争も結局は国同士の有限の「パン」、資源やエネルギーをめぐる争いでしかないので

無尽蔵の「パン」を手に入れた今となっては、戦争自体無意味なものとなってしまったのではないでしょうか。

さすがにいないと思いますが、仮に「この力で他国に戦争をふっかけるぞ!」という国のトップが居たとして

ワムを手に入れた国民に戦争はメリットがなく国に同調することはきっとないでしょう。

ひょっとしたら国家の存在自体しだいに無くなっていくのかもしれませんね。

ワムの作り方!

品輪博士が作っていた折り紙の「ワム」の元ネタは、エンドロールにクレジットされていた三谷純さんの3D折り紙だそうです!

三谷さんのブログで「ワム」の作り方が全世界に大公開されています!ありがたや〜

東映のアニメ「正解するカド」が話題となっているようです。 seikaisuru-kado.com 私もAmazon プライムで初回から見てきていて、そのストーリー展開の面白さから、毎回の放映を楽しみにしています。 フラクタル図形がメインに位置づけられていて、幾何学好きには嬉しい設定です。 これまでの話の展開として、無限...

こちらはツイッターから!アニメと同じ6つの球が繋がってる!凄いッ!!

ごくりっ…これはもう作るしかないッ!!

まとめ

今までの話もめちゃめちゃ面白かったですが、個人的に今回が一番面白かったです!!

国連に立ち向かう日本とか、ワムの情報が全人類に平等に開示される展開とか

ある意味人類が奴隷であることから解放された日みたいな感じで

本当に熱くて最高です!!

OPテーマ曲「旅詩」も初めはただ「硬派だな〜」って感じだったのが、回が進むにつれ音楽の壮大な感じと意味深な歌詞でワクワク感がたまらない!

それにしても、犬束総理はかなりの人格者でしたね。彼がいなかったらこの情報開示は不可能だったと思います。

都市伝説や陰謀論だと、主要国家の上層部は闇の勢力?とか秘密結社?とかの息がかかっているそうなので

リアルでは国家によるフリーエネルギーの情報開示はほぼ不可能なんじゃないかなぁなんて思いますが。

WEBコミックぜにょん掲載の公式スポンオフ『正解するカド 青い春とレールガン』も読みましたよ!

ワムを作り出せる人間はまだ多くなさそうですが、普通の高校生でも作れてしまったり、コツさえつかめば誰にでも作れるってのがいいですよね〜。

ただタイトルの「レールガン」ってのがちょっと気になりますよね。

武器を作ったりしませんよね…今の所そういう感じの物語じゃないけど。。。

…で、残る疑問が……

パイタッチの必要性!!

あれなんか意味あったのかな…そんな風には見えなかったけど(笑)

そして一家に一台!我が家にもワムが欲しいぃ!

管理人もワムも錬成したいよぉ!

シェアする