GIMP*矢絣(やがすり)の描き方

矢絣の描き方:矢絣のイラスト

今回は「矢絣(やがすり)」を描いてみました!

矢絣とは、矢の矢羽の部分を図案化した和柄のことです。

矢絣といったら着物と袴!『はいからさんが通る』のイメージです!

大正ロマンあふれる素敵な模様で、今でも卒業式に袴と合わせて着る着物の模様として人気がありますよね。

矢絣

はいからさんの矢絣はこんな感じ!今見てもおしゃれですよね〜


はいからさんが通る 新装版(1)

矢絣のパターンをつくる

1. 矢羽1本の部分をつくる

GIMPを起動し新しい画像を作ります。

キャンバスサイズは、幅:高さ=2:3の比率にします。

[表示]から[ガイドの表示]、[ガイドにスナップ]、[キャンバスの境界にスナップ]するようにして、キャンバスの中心にガイドを表示すると作業しやすいと思います。

ガイドを表示する方法はこちらを参考に。

ここでは60×90pxのキャンバスにしました。

背景レイヤーを黒(000000)にします。

ガイドラインを表示

透明レイヤーを追加し、キャンバスの真ん中に[矩形選択]で4×90pxの長方形を作り白(ffffff)で塗りつぶして縦の白線を作ります。

線の太さは偶数にするのがポイントです。

白の縦線

[パス]を使って図のような形を作ります。

白線と重なる部分は右図を参考にしてください。

GIMP画面の左下の座標を見ながらやるとやりやすいです。

パスで形を描く

左下の座標を参考にする

白線レイヤーの下に透明レイヤーを追加し、[パスを選択範囲に]して白で塗りつぶします。

パスを塗りつぶす

白線レイヤーの[レイヤーモード]を「差の絶対値」にします。すると白線と重なった白い部分が黒くなります。

[レイヤー]-[可視部分をレイヤーに]します。

このレイヤーが矢絣のパターンの基本部分になります。

レイヤーモード:差の絶対値

2. 矢絣のパターンをつくる

矢絣のパターンを作ります。

まず、[画像]-[キャンバスサイズの変更]を選択します。

幅と高さをそれぞれ2倍にします。(60×90px→120×180px)

2倍にしたら[サイズ変更]を押します。

キャンバスサイズの変更

キャンバスサイズが変更されました。1で作ったレイヤーを複製し、右図のように右に並べます。

キャンバスサイズの変更

可視部分をレイヤーに

複製したレイヤーを[色]-[階調の反転]をします。

白と黒が反転されたら、[レイヤー]-[可視部分をレイヤーに]し、今度は下に並べます。

階調の反転

階調の反転

同じように下に並べたレイヤーを[階調の反転]したら、図のすべてのレイヤーを統合します。

[色]-[色を透明度に]で白を透明にして矢絣のパターンのできあがりです!

矢絣の描き方:矢絣のパターン

白を透明度に

GIMPパターンに追加する方法はこちらを参考に!

GIMPパターンに自分で作ったオリジナルのパターンや配布されているパターンを追加する方法です。 GIMPにパターン...

GIMPパターンに追加して塗りつぶすとこんな感じです!

矢絣のイラスト

まとめ

もう少し簡単にできそうな気もしますが……

矢絣の模様なんとか描けました!

キャンバスサイズを途中で変えずに作ってもよかった気もしますが、なんだか混乱したので、ひとつひとつ矢の部分を作る方法でやってみました。

シェアする