GIMP*鱗模様の描き方

うろこ模様の描き方:うろこ模様のイラスト

今回は鱗模様(うろこもよう)を描いてみました!

色違いの三角形が、互い違いにずらーっと並んでいるのが特徴の模様です。

一見、青海波のほうが鱗っぽく見えますが、こちらの和柄が鱗模様です!

以前描いたアーガイル柄の描き方と途中まで同じです。

鱗模様のパターンをつくる

1. ヨコ:タテ=1:√3のキャンバスを開く

GIMPを起動し新しい画像を作成します。

キャンバスサイズはヨコ:タテ=1:√3にします。

ヨコの長さが90pxの場合、タテの長さは90×√3=155.884…≒156pxにします。

ここでポイントはヨコもタテも偶数にすることです。

例えば、タテの長さが計算して奇数になってしまった場合は、1足すか引くかして偶数にします。

それほど厳密にやらない場合は√3を1.7置き換えましょう。

[表示]から[ガイドの表示]、[ガイドにスナップ]、[キャンバスの境界にスナップ]にして、キャンバスの中心にガイドを表示すると作業しやすいとおもいます。

ガイドを表示する方法はこちらを参考に。

[矩形選択]を使いレイヤーの上半分を白(ffffff)、下半分を黒(000000)で塗りつぶします。

白黒のレイヤー

2. パスを使いひし形をつくる

1のレイヤーの上に透明レイヤー追加します。

ガイドを目安に[パス]を使い図のようにひし形を作ります。

菱形

[パス]でひし形を作ったら、[選択]-[パスを選択範囲に]して白で塗りつぶします。

(1のレイヤーを非表示にするとこんな感じです)

白の菱形

3. ひし形レイヤーのレイヤーモードを「差の絶対比」

1のレイヤーを表示して、2の白いひし形レイヤーの[レイヤーモード]を「差の絶対比」にします。

図のようになったら、[レイヤー]-[可視部分をレイヤーに]します。

[色]-[色を透明度に]で白を透明にしたら、鱗模様のパターンの完成です!

レイヤーモード:差の絶対比

GIMPに鱗模様のパターンを追加して塗りつぶすとこんな感じになりました〜!

うろこ模様のイラスト

GIMPパターンに追加する方法はこちらを参考に!

GIMPパターンに自分で作ったオリジナルのパターンや配布されているパターンを追加する方法です。 GIMPにパターン...

まとめ

青海波のほうが鱗っぽく見えますが、こちらが鱗模様!

ちなみに、鱗模様は厄除けの文様とされ、厄年の人が身につける風習もあるそうです。

知りませんでした!

厄年には、鱗模様の小物や着物など身につけてみるのもよさそうですね。

シェアする