GIMP*鹿の子絞りの描き方

鹿の子模様の描き方:鹿の子模様のイラスト

今回はGIMPで鹿の子絞り(鹿の子模様)を描いてみました!

鹿の子絞りとは絞り染めの技法のひとつで子鹿の背中の小さな斑点に似ていることから鹿の子と呼ばれるようになったそうです。

なんともレトロでかわいらしい和柄の模様ですね〜!

鹿の子絞りをつくる

GIMPを起動し新しい正方形の画像を作成します。

鹿の子模様のパターンは小さいので小さめのキャンバスサイズにします。

[表示]から[ガイドの表示]、[ガイドにスナップ]、[キャンバスの境界にスナップ]するようにします。

キャンバスの中心にガイドを表示すると作業しやすいとおもいます。

ガイドを表示する方法はこちらを参考に。

ここでは60×60pxのキャンバスで描いていますが、パターンを付けたい画像のキャンバスサイズにあわせて変えてみてください。

ガイドライン表示

透明レイヤーを追加します。

[矩形選択]でキャンバスの中央に角を丸めた四角形を作り好きな色で塗りつぶします。

四角形の大きさはキャンバスの半分くらいの大きさにします。

[角を丸める]で適度に角を丸めます。丸め過ぎると丸になってしまうので注意。

矩形選択

角が丸まった四角ができました。

角丸四角

[丸いブラシを選択して[消しゴム]を使って四角の真ん中を丸く消します。

丸ブラシ消しゴム

[回転]ツールを使って45度回転します。回転

回転できました。これが鹿の子模様のベースになります。

鹿の子

[回転]したためキャンバスサイズが大きくなってしまったので、[レイヤー]-[レイヤーサイズをキャンバスに合わせる]をします。

レイヤーをキャンバスに合わせる

できたら鹿の子模様のレイヤーを4つ複製し、[移動]ツールを使い四つ角にそれぞれの鹿の子模様の中心がくるようにドラッグします。

図のように配置できたら鹿の子模様のレイヤーをすべて統合します。

これで鹿の子模様のパターンのできあがりです!GIMPパターンに追加して色を付けるとトップのようなイラストになります!

鹿の子模様のパターン

GIMPパターンに追加する方法はこちらを参考に!

GIMPパターンに自分で作ったオリジナルのパターンや配布されているパターンを追加する方法です。 GIMPにパターン...

まとめ

レトロでかわいい鹿の子模様の描き方いかがでしたか?

今回の鹿の子模様は今まで描いてきた和柄のなかでも一番に簡単に描ける部類じゃないでしょうか!?

でもかわいさは和柄の中でもトップレベルだと思います!!

シェアする