GIMP*市松模様の描き方

シェアする

市松模様の描き方:市松模様のイラスト

今回はお正月らしくGIMPで金色の市松模様を描いてみました!

市松模様(チェック柄)を描く方法は、「フィルター」を使う方法と「パターン」を使う方法がありますが、

今回はフィルターを使って描きます!

「フィルター」を使うことによって簡単にボタンひとつで描けちゃいます。

市松模様をつくる

1. 背景をつくる

GIMPを起動し新しい画像を開きます。画像のサイズはお好みで。

今回は900×600pxのキャンバスで描いていきます。

まず、背景レイヤーを好きな色で塗りつぶします。ここでは薄い黄色(f4ec6c)で塗ります。

背景

2. [フィルター]で市松模様をつくる

1のレイヤーの上に透明レイヤーを追加します。

[フィルター]-[下塗り]-[パターン]-[市松模様]を選択します。

[市松模様]のダイアログが開くので、サイズを決めたら[OK]を押します。

市松模様の描き方:市松模様ダイアログ

白黒の市松模様ができました。

白黒の市松模様

3. 市松模様の白い部分を透明にする

ひとつのレイヤーに複数の色があると色を変更しにくいので、白い部分を透明にします。

[色]-[色を透明度に]を選択します。

透明にする色を白に設定したら[OK]を押します。

色を透明度にダイアログ

白い部分が透明になり、下にある背景レイヤーの黄色が見えるようになりました。

黒の市松模様

4. 市松模様の色を変える

市松模様レイヤーの[透明部分を保護]します。

図の赤丸で囲まれた部分を押すと、そのレイヤーの透明部分が保護され描画されなくなり、不透明の部分だけが描画可能になります。

透明部分を保護

描画色を濃い黄色(ecd814)にして[編集]-[描画色で塗りつぶす]を選択して塗りつぶします。

これで金色の市松模様のできあがりです!

金色の市松模様

まとめ

  • フィルターを使う方法だと市松模様のサイズ変更が簡単
  • 梅の花や霞みなどの和柄と合わせればお正月らしいイラストに

正直、市松模様のパターンを作るのもそれほど手間ではありません。

が、フィルターの方がサイズ変更が簡単なので楽だと思います。

シェアする