GIMP*ギンガムチェックの描き方

ギンガムチェックのイラスト

今回はGIMPで色の変更が簡単にできるギンガムチェック柄を描いてみました!ギンガムチェックのパターンはかわいいのにとっても簡単に描けるのでおすすめで!パターンをGIMPパターンに追加するとこんなイラストが描けます!

ギンガムチェックをつくる

GIMPを起動し新しい画像を作成します。キャンバスサイズはお好みで。[表示]から[ガイドの表示]、[ガイドにスナップ]するようにして、キャンバスの中心にガイドを表示すると作業しやすいとおもいます。ガイドを表示する方法はこちらを参考に。

今回は100×100pxのキャンバスで描いていきます。

1. ギンガムチェックのパターンをつくる

白い背景レイヤーの上に2枚の透明レイヤーを追加します。それぞれのレイヤーに[矩形選択]で50×100px、100×50pxの長方形を作り薄い灰色(ここではb5b5b5)で塗りつぶします。

描画色:b5n5n5

50×100の長方形

100×50の長方形

2枚の長方形のレイヤーのうち上にあるレイヤーの[モード]を乗算にします。

レイヤーモード:乗算

これでギンガムチェックのパターンができました!このイラストをGIMPパターンに追加します。もし「塗る色が決まっていて変える予定はない」といった場合、灰色(b5b5b5)で塗らずお好きな色で塗ってGIMPパターンに追加して完成です。(右図)

※追記:「乗算」を使う場合、濃いめの色だとうまくギンガムチェックにならないこともあるようです。うまく行かないときは、ここでいう「tate」「yoko」の両方のレイヤーのレイヤーモードを「標準」にして「不透明度」を30から70%くらいに変えるとギンガムチェックになると思います。

グレーのギンガムチェックのパターン

ピンクのギンガムチェックのパターン

GIMPパターンに追加する方法はこちらを参考に!

GIMPパターンに自分で作ったオリジナルのパターンや配布されているパターンを追加する方法です。 GIMPにパターン...

2. パターンで塗りつぶす

先ほど作ったパターンで塗りつぶすとこんな感じになります。色を好きな色に変えていきます。

グレーのギンガムチェック

灰色のギンガムチェックの上に新しいレイヤーを追加し、好きな色で塗りつぶします。ここではピンク色で塗りつぶしました。

ピンクで塗りつぶしたレイヤー

ピンク色で塗りつぶしたレイヤーの[モード]をハードライトにします。

レイヤーモード:ハードライト

するとこんな感じに灰色のギンガムチェックがピンク色になりました!これで完成です!(※描画色が濃いめの色だとハードライトにしたとき白の部分に色が付いてしまう場合があります)

ピンクのギンガムチェック

おまけ:シェパードチェックの描き方

ギンガムチェックの薄い色の部分が縞になっているチェックのことをシェパードチェックというそうです。

まず、太さが均一な斜めのストライプ柄を描きます。新しいレイヤーを追加し808080で塗りつぶします。

グレーで塗りつぶしたレイヤー

描画色:808080

[フィルター]-[変形]-[新聞印刷]を選択します。[セルサイズ]はお好みで。ここでは10にします。[スクリーン]を輝度、[輝度]の[角度]を45度、[スポット形状]を線形にします。[アンチエイリアス]は最大の15にすると滑らかできれいなストライプになります。

新聞印刷のダイアログ

太さが均一な斜めのストライプ柄ができました。

斜めのストライプ柄

さらに詳しい縞模様(ストライプ柄)の描き方についてはこちらを参考に!

今回はフィルターを使って簡単に縞模様(ストライプ柄)を描きます。こちらも背景などでよく見かける模様ですが、GIMPで...

[矩形選択]で右上の50×50pxの部分を消去し、左下の50×50pxの部分を808080で塗りつぶします。このイラストをGIMPパターンに追加して完成です!

グレーのギンガムチェックのパターン

パターンで塗りつぶすとこんな感じになります!(背景の白いレイヤーを非表示にしてパターンに追加すれば、[透明部分を保護]して描画色で塗りつぶして色を変えることもできます)

トップ絵の真ん中のイラストはストライプ部分が新聞印刷の[セルサイズ]5で作っています。

水色のギンガムチェック

まとめ

グレーベースのギンガムチェックのパターンならレイヤーモード「ハードライト」で簡単に色が変更できます!色が決まってないときなどとりあえずグレーで作っておくと便利ですよ!ギンガムチェックは爽やかで可愛らしいですね!