【2017夏アニメ】今期視聴したアニメの感想&記録【途中経過編】

恋と嘘

©ムサオ・講談社/政府通知普及委員会

2017夏アニメも第6話の放送が終了し折り返し地点まできました!

そこで視聴を続けている今期アニメの感想をちょっと書いてみました!

今期は前もって観たいと思える作品がなく

「今期観るアニメないかも…」

と思いましたが、第1話を手当たり次第観てみた結果、意外と視聴が続いているアニメが多かったです。

注意:ネタバレありです!あくまで私の個人的な感想や考察です。

第1話を視聴した2017夏アニメ

第1話を視聴した2017夏アニメは以下の11作品です!

順番は第1話を視聴した時点での面白かった順になっています。

  • ナイツ&マジック
  • 恋と嘘
  • メイドインアビス
  • 異世界食堂
  • 活撃 刀剣乱舞
  • 魔法陣グルグル
  • ボールルームへようこそ
  • 徒然チルドレン
  • セントールの悩み
  • アホガール
  • ナナマル サンバツ

いつもはこんなに沢山観ないのですが、今期はぱっと見「観たいな〜」という作品があまりなかったので、手当たり次第に観てみました。

2017夏アニメも始まり少しずつ視聴を開始しました! 今期アニメのPVは大体見ましたが… 今期はやばい…...

恋と嘘

『恋と嘘』は「自由恋愛禁止のディストピア」というSF設定が面白い!

結婚相手が通知されるのが16歳ってのがなんとも絶妙なタイミングで。

はじめは高崎さんを応援したいと思ったんですが…

ネジくんと政府通知の相手の莉々奈ちゃんもかわいくて!!

どっちにも幸せになってほしいけど…

まじ切ないッ!!

「ゆかり法」は絶対で自由恋愛による結婚は禁止されているかと思いきや…

意外にもそういうわけではありませんでした。

しかし、進学や就職に大きく不利になり実質的なペナルティがあるようで

少子化問題は国力や国家の存続に関わる重要事項なので仕方ないですね。。。

それにしても、政府の結婚相手マッチングシステムがすごく優秀!

これはAIが計算しているのでしょうか。

ネジくんと莉々奈ちゃんをはじめ「科学の赤い糸」のカップル達を見るとその精度は疑いようもないほど完璧に思えます。

人間も本能で遺伝子レベルでパートナーを選んでいるなんて話を聞いたことがありますが

現実は、様々な感情や打算(容姿、学歴、収入、所属、世間体 etc…)で相手を選んでしまったばかりに結婚生活が上手くいかない場合が多いですよね。

それを考えると不確かな人間の判断より、確かな「科学の赤い糸」の方が多くの人に幸せな結婚生活に導き正しいもののように思えます。

が、個人的には科学では解明できない、人間の第六感的な直感のようなものの方が科学を上回っていてほしいですね。

小学生のネジくんが高崎さんを好きになった瞬間なんて

「え、そんなんで??」って感じでしたが

優しさだったり、容姿だったり、ステータスだったり

いつか失われてしまう理由で人を好きになるより、よくわからないけど気付いたら好きだった

というようなうまく説明できない気持ちのほうが何か真理に近いような気が個人的にします。

今のところ、政府の決定を覆して自由恋愛を貫くというよりは

「ゆかり法」を受け入れていくような感じがしますが…どうなるんだろう。

そういえばネジくんの名前「由佳吏(ゆかり)」なんですよね…「ゆかり法」と何か関係ある??

莉々奈ちゃんの昔の病気もなんか気になる感じもするし。

高崎さんもこのシステムについて何か知ってる??

仁坂も何が知ってそうだし。。。

とにかく続きが気になります!!

あと!OP初見のときはネジと莉々奈、仁坂と高崎さんになるのかな〜

と思いつつ「ん?」となると箇所があったんですが…

アレはそういう意味だったのかとッ!!

全然予測できてなかったので素で驚きました!

いや〜ネジくんモテモテだなぁ〜

それにしても仁坂が先走ってしまわないかハラハラしますッ!

異世界食堂

『異世界食堂』は、そんなに派手さはないのですが、毎回「洋食のねこや」の料理と異世界の人々のちょっとした人情のお話が面白いです。

オムニバス形式の毎回独立したお話なので、このまま最終回までその回のメインの異世界人と料理が出てくる感じなのでしょうか…

謎すぎる「ねこや」の扉や店主と先代の話もすごく見たいんですが見れるかな。

個人的には続きがある話が好みなので、ひょっとしたら途中で飽きちゃうかなぁと感じつつも今のところ毎回楽しめています。

まだOPの黒髪のエルフ?ちゃんが出てこないのでそろそろ出てきてほしい!

しかし、毎回飯テロすぎる!

ボールルームへようこそ

『ボールルームへようこそ』は主人公の多々良が意外なダンスの才能を発揮して、上達していくのですが

個人的にダンス以外の部分がすごく気になっています…

多々良…

進路どうすんのッ!?

6話の時点でもう秋頃だと思いますが…多々良は中学3年生だよね…

進路…受験はどうするのよぉ…

あと、OPとED見るとやっぱり不安になってくるのは…

多々良には…

パートナーできないんじゃ…

いやいやいや…そんなことないよね?

でも…雫ちゃんには兵藤くんいるし、真子ちゃんには賀寿くんいるし…

多々良のヒロインちゃんはこれから出てくるのでしょうか…

いくらダンスが上手でも…

ダンスはひとりでは踊れないんですが。。。

さらに気になるのは多々良のちょっと自己犠牲的な性格…

家庭環境に由来しているみたいな感じがしますが

自己犠牲やそこから生まれる優しさは美徳とも取られることがありますが、それは健康的な思考ではないんですよね。

自分を真に幸せにできない人はきっと誰も幸せにすることはできない。。。

6話を見てダンスだけでなく多々良の精神的な成長のお話にもなっていくのかなぁと感じました。

多々良に素敵なパートナーは見つかるのか気になりますッ!!

あと、鬼気迫るダンスシーンが本当鬼気迫ってて

ちょっと怖い!!

セントールの悩み

1話から6話まで一気に見ました!

たぶん1話ずつだとちょっと退屈に感じてたかもしれませんが、一気に見たので結構面白かった!

相変わらず、リアル人類の代わりに進化を遂げた亜人種というか獣人というか…

神話に出てくる天使、悪魔、人馬、人魚のような姿の女子高生達の日常系のお話で、姫乃ちゃんや委員長ちゃん達もかわいいんですが

委員長の妹の三つ子ちゃんと末っ子の末ちゃんと姫ちゃんの従姉妹の紫乃ちゃんが

かわいい〜〜〜!!

ほのぼのして可愛らしい感じのお話なんです

が…

ほんの些細なことで「形態差別」とみなされるディストピア社会だったり、妙にリアルな現実の厳しさが垣間見られたり、どんな風に生きていくべきかだったり…

哲学だったり倫理だったりの要素があって面白いです。

そして管理人的には…

オカルト要素が面白い!

OPのシュメールっぽい壁画絵とかでちょっと「ん?」とは思っていたんですが…

4話で「んん!?」となって、5話で

「ぬおおおおおおおおおおおおお!!

オカルトきたーーーーーーーーーーーッ!!」

となりました!

5話はUFO、蛇人、南極、ケツァルコアトル、地下都市などの他

背景にも細かいオカルトネタがあって…

なかなかオカルトでした!!

オカルト、陰謀論、都市伝説が好きな人は楽しい回だと思います!

映画「南極の恐怖」がやべぇ。。。

ケツァルコアトル・サスサススールさんが礼したとき不意打過ぎで声出して笑った(笑)

スーちゃんの額のは第三の目?爬虫類だからかもしれないけどこれって。。。

あと、OPとEDでガラッと雰囲気変わるんですが、どちらも今季1の飛ばせないOPとEDです!

オープニングテーマ曲「教えてダーウィン」はとにかくクセになります!

「次元は一つ…なわけないじゃん!」とか歌詞もちょっとオカルト。

エンディングテーマ曲「Edelweiss」がほんと良曲で!

なんでEDがこんなにシリアス、しかも委員長ちゃんメインなのかちょっと気になりますね。

映像も天から降りてくる螺旋階段を複数の白く光る人型(獣人達ではない)が上って行ったり…

角度を変えるとすぐそこに別の世界が見えたり…

なかなか意味深です。

曲名のエーデルワイス、セイヨウウスユキソウはヨーロッパに自生する白い花の名前。

第二次世界大戦前夜のオーストリアが舞台のあの有名なミュージカル映画『サウンド・オブ・ミュージック』にも同名の歌が登場しますよね。

で、この「エーデルワイス」とはドイツ語で「高貴な白」という意味だそうです。

ED「Edelweiss」には「エーデルワイスのように光になりたい」

という意味の歌詞もあり、これもなかなか意味深です。

EDをオカルト大好き管理人目線で考察すると…

感知できない別次元の世界が存在していて、魂はぐるぐると輪廻転生を繰り返して、いつか光になって次元上昇(アセンション)していく…

みたいなイメージなんですが。。。

さすがにそこまでオカルトな話じゃ…ないかなぁ(汗)

今のところEDは本編と関係ないような感じに思えますが、なにか意味があるのか。。。

活撃 刀剣乱舞

『活撃 刀剣乱舞』は映像が本当に綺麗!

背景の江戸の街並みだったり、軍艦だったりすごく細かいです。

そして、5話の蜻蛉切VS大太刀の戦闘シーンがなかなか凄かった!

それまで淡々とストーリーが進んで行く感じだったので、安心しきって観ていたので

蜻蛉切さんの柄が折れた瞬間

「はっ!これ艦これでいう『轟沈』あるんじゃん!」

と思い出したときの焦りといったらっ!

しかも、その後のバットエンド仕様のエンドロールに戦慄しました。。。

物語としては、原作ありのお話なので死霊?というか人外の時間遡行軍の歴史改変の目的が判明するかどうかといったら…ちょっと期待はできないのかなと感じました。

あと、いまだにEDのKalafinaで

「今日も『歴史秘話ヒストリア』よかったなぁ〜」

と脳が錯覚します(笑)

個人的にあちこちにちらっと使われている和柄も楽しみです。

一応このブログ…お絵描きブログだったので。

メイドインアビス

『メイドインアビス』は相変わらずファンタジーな背景が素敵です。

実は1話を観終わった時点でほんの些細なネタバレを食らってたのですが…

「いやいやいや〜そんなわけないって〜だってこんな可愛らしい感じじゃん!」

と思っていましたが2話を視聴し…

あっ…(察し)

となり、グロや精神的にエグい話が苦手な管理人は猛ダッシュでネタバレ見てきましたよ。。。

5話でその片鱗を垣間見、これから先の奈落の底でどんな地獄が待っているのかとガクブルしながら観ています。

リコやレグがかわいいしストーリーも気になるので視聴は続けますが

絵柄の可愛さに反して、これからさらにヤバさが増しそうなので人によってはちょっと覚悟が必要な内容になってくるかもしれません。

ナイツ&マジック

『ナイツ&マジック』はエルきゅんと双子のキッド&アディがかわいい〜!!

エルくんは結構ピンチに陥るんですが、ロボが好きすぎる性格から、ピンチがあまりピンチになってない感じが面白いです。

才能を認められ「自分専用のロボットを作る」という野望を着実に叶えつつあり、ロボ好きの人だったら見てて楽しいと思います。

管理人はそれほどロボ好きではないので若干マンネリ感が気になってきました。

しかし、敵国関連の話も出てきているので、これから大きく話が動きそうな感じもあり続きが気になります。

あと、どうしてもシルエットギアの顔がむき出しなのが気になってしまいます…

転んだらすごく危ないってッ!!

徒然チルドレン

1話を観たときは、恋愛もの学生ものがもうお腹いっぱいのおっさん化した管理人にはキツイかなと思いましたが…

数話溜まったのを一気に観たらテンポがよく面白かった!

どんどん関係が進んでいくカップルだったり、未だに一歩も踏み出せないカップルだったり、十人十色の高校生カップル模様が面白いです。

個人的には菅原くんと高野さんにすごく幸せになってほしいぃー。

ちょっと自分を卑下しすぎな高野さんとそんな彼女とめちゃくちゃすれ違いまくる菅原くん…

切ないッ!!

どうしてそんなにすれ違ってしまうのかと(笑)

あと、山根くんと栗原さんも応援したいですね!

しっかし山本氏がいいヤツで(涙)

本山氏に幸あれ!

まとめ

第6話の時点で面白かった順番はこんな感じになりました!

  • 恋と嘘
  • 異世界食堂
  • ボールルームへようこそ
  • セントールの悩み
  • 活撃 刀剣乱舞
  • メイドインアビス
  • ナイツ&マジック
  • 徒然チルドレン

第1話は11作品視聴しましたが、第6話まで視聴を続けているのはこの8作品になりました。

順番にして紹介しましたが『恋と嘘』以外はほとんど同じくらいです。

どの作品も起承転結の転にまだ入っていないので、それほどドラマチックではないのでちょっと退屈さを感じますが

放送半分残っているので今後の展開に期待です。

『恋と嘘』は原作ありの作品ですが、感想&考察書きたいなぁ〜と思っていたのですが

今季はアニメの視聴パターンがなかなか定まらなくて…

気づいたらすでに放送半分終わってたという…orz

シェアする